但野 瑛里花

毎日勉強の日々ですが、お客様への想いの積み重ねが、
「ありがとう」のお言葉で返ってきているような実感があり、やりがいとなっています。

私は高校時代から福祉に興味を持ち始め、その当初から、「あなたにとっての『福祉』とはなんですか?」と聞かれたら「『しあわせ』です」と答えていました。その気持ちは、この春に新社会人としてらくらグループに入社した今でも変わらないのですが、現場研修を過ごしている新米の私を、いつもお客様が見守って下さり、まだまだ何もできない私にも感謝の言葉を投げかけて頂いたり、頼りにして下さったり、「あなたがいないと寂しいわ」と声をかけてくださるなどして、皆さんの笑顔に私自身が幸せにさせていただいています。
お客様の心身の状況は日々異なりますし、今だけのことではなく先のことも考え、お客様にとって何が一番なのか、そのために何をしてさしあげられるかを考えて行動できるようになるのが、私の今の目標です。

staff_tanno

介護付き有料老人ホーム 公楽苑
介護員 2014年入社

ページトップへ