MENU

インタビュー

新しいことを
日々吸収できる環境が
"楽しい"に繋がっています

お客様へよりよい食事提供ができるようマネジメント業務を担当しています。

らくらダイニング
シニアライフ事業部 食事サービス課課長

新しいことを
日々吸収できる環境が
"楽しい"に繋がっています

らくらダイニング
シニアライフ事業部 食事サービス課課長

[ 2014年5月入社 ]

山田 直紀Naoki Yamada

お客様へよりよい食事提供ができるようマネジメント業務を担当しています。

Q. 今までのキャリアについて教えてください。

らくら当別で栄養士として献立作成や、厨房内の業務など現場での実務からスタートし、入社して5年が経ちました。現在はらくらダイニングのシニアライフ事業部で、商品の質を高めることを中心に、食事サービス課のマネジメント業務を行っています。

Q. 新たに挑戦したいことを教えて下さい。

らくらダイニングはらくらグループの中でも特に若い人が多く、リーダーやサブリーダーも若手が担っています。そのため、これから若い人財を育成し、成功事例をらくらダイニングから発信したいです。

Q. 仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか?

若いチームであるが故に経験不足なところもありますが、その分成長の速度が速いことを感じます。また、会社の理念などトップの言葉を、まずはできるだけ自分が考え、言葉をかみ砕いて、相手が理解できるように心掛けています。

Q. らくらグループで学んだことと今後の目標を教えて下さい。

早い段階でリーダーとして仕事ができたので、何もかもが学びでした。今後の目標は、誰もが楽しく積極的にチャレンジできるようになることです。

Q. 座右の銘は、なんですか?

たくさんの方とお話をし、そこで聞いた言葉から学ぶことがあるので、1つには絞れません。

Q. 休日の楽しみ方は、どのようなものですか?

休日は、どちらかというとインドア派で、家で過ごすことが多いです。家でも、体調面を考慮して食事をつくるようにしています。温泉に出かけるのは好きで、銭湯なども良いのですが、ここ最近は登別温泉がお気に入りです。

旭川の『雪の美術館』に観光に行った時の写真です。

Q. 就活中の学生さんへのメッセージをお願いします。

らくらダイニングは、若い人が多く、挑戦できる会社です。決められたものを吸収する、上司が決めたことに従って行うのではなく、自分発信で仕事に取り組むことが出来ますので、チャレンジ精神のある方はぜひらくらグループにエントリーしてください。

とある1日のお仕事をご紹介!

  • 9:00
    仕事の開始

    メールや日報を確認し、返信します。

    営業ミーティング

    お客様の真のニーズは何か、意見を出し合い対策を考えます。

  • 12:00
    お昼休憩
  • 食事サービスのミーティング

    お客様のニーズを形にすることを常に認識しています。

    食事サービス課の各部門の進捗状況を確認
    業務改善案作成

    改善や工夫できることを検討します。

  • 18:00
    退勤

    1日の業務が終了です。

  • 自社製品「らくチル」の検食をします!

  • 現場の進捗を確認しています

  • 絵画鑑賞も趣味です